【Windows10】不要なアプリを削除(アンインストール)する

スポンサーリンク

Windows10 では、使用しない不要なアプリを削除(アンインストール)することができます。

  • 以前使用していたアプリだけど、今は使用していないので削除したい
  • よくわからないアプリがある
  • ストレージの容量が圧迫しているのでアプリを削除したい

不要なアプリは削除(アンインストール)してしまいましょう!

今回は、Windows10 のアプリを削除する方法を紹介します!

不要なアプリを削除する

Windows10で不要なアプリを削除する方法はおもに2つあります。

  1. 「アプリと機能」からアプリを削除する
  2. 「スタートメニュー」からアプリを削除する
  3. 「コントロールパネル」からアプリを削除する

アプリを削除する手順を順番に説明します。

1. 「アプリと機能」からアプリを削除する

まずはWindows10の「アプリと機能」からアプリを削除しましょう!

「スタート」ボタンをクリックし、歯車アイコンの「設定」ボタンをクリックします。

「Windowsの設定」が開きます。「アプリ」をおします。

左サイドバーの「アプリと機能」をおします。ここにインストールされたアプリが一覧で表示されます。

削除(アンインストール)したいアプリを選択し、「アンインストール」ボタンをおすと、アプリがアンインストールされます。

「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」と確認メッセージが表示されます。「アンインストール」ボタンをおして、アプリをアンインストールします。

これで不要なアプリを削除(アンインストール)できました。

2. 「スタートメニュー」からアプリを削除する

不要なアプリを削除する2つ目の方法として、「スタートメニュー」を使ってアプリを削除する方法もあります。

まずはWindows10の左下にある「スタート」ボタンをおして、スタートメニューをひらきます。

スタートメニューの中から、削除(アンインストール)したいアプリの上で右クリックして、「アンインストール」をおします。

「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」と確認メッセージが表示されるので、「アンインストール」ボタンをおします。

すると、アプリがアンインストールされました。

これでスタートメニューから不要なアプリを削除(アンインストール)することができました。

3. 「コントロールパネル」からアプリを削除する

不要なアプリを削除する3つ目の方法として、「コントロールパネル」を使ってアプリを削除する方法もあります。

まずは「コントロールパネル」を開きましょう!

「スタート」ボタンをおし、スタートメニューの中から、「W」にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」を起動します。

コントロールパネルがひらきました。「プログラム」→「プログラムのアンインストール」をおします。

インストール済みのアプリ・プログラムの一覧が表示されました。

この中から不要なアプリをクリックすると、上部バーに「アンインストール」が表示されるので、ここの「アンインストール」をおします。

これで不要なアプリを削除できました。

アンインストールできないアプリもある

Windows10のアプリはすべて削除できるわけではありません。中にはアンインストールできないアプリもあります。

例えば、「Xbox」が不要なので削除しようとしても「アンインストール」ボタンがおせません。

Windows10のアプリには、このように全てのアプリがアンインストール(削除)できるわけではなく、中には削除できないアプリもあります。

Windowsデフォルトでインストールされているアプリは削除(アンインストール)できない可能性があります。自分でインストールしたアプリの場合は削除(アンインストール)できます。

削除できないアプリを消す方法もありますが、リスクもあるのであきらめた方が無難です。

以上、Windows10 で不要なアプリを削除(アンインストール)する方法でした。

コメント