Windows10 パッケージ版・DSP版・OEM版の違いと価格

スポンサーリンク

Windows10にはパッケージ版・DSP版・OEM版があります。

  1. パッケージ版
  2. DSP版
  3. OEM版

全て中身は同じWindows10ですが、パッケージ版・DSP版・OEM版の違いとは何でしょうか?どれを買うのが価格的にお得なのでしょうか?

今回は、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いと値段を比較します!

パッケージ版

Windows10でもっとも一般的なのがパッケージ版です。パッケージにUSBメモリが入ったWindowsです。

価格

Windows10 パッケージ版の値段は下記のとおりです。(2020年4月現在 Microsoftの価格・税込み)

  • Windows10 Home・・・19,360円
  • Windows10 Pro・・・28,380円

時期によりますが、HomeとProでは5,000円~9,000円ほど価格差がありますね。

特徴

パッケージ版はお店やインターネットで買うことができます。購入するとWindows10のUSBメモリとプロダクトキーがもらえます。

どのパソコンにインストールして使ってもいいのがパッケージ版の最大の特徴です。

Windows10の中でパッケージ版はDSP版・OEM版より値段は高いですが、パソコンが限定されず自由に使えるのがメリットです。

 

DSP版

DSP版(Delivery Service Partner)は組み込みパーツとセットになったライセンスです。

特徴

パソコンのパーツを買うときだけ、DSP版を一緒に購入できます。Windows10 DSP版を単体で購入する事はできません。

価格

DSP版の値段は下記のとおりです。(2020年4月現在 Amazonの価格)

  • Windows10 Home・・・15,662円
  • Windows10 Pro・・・20,477円

DSP版は本当にお得か?

DSP版は何といっても安いのが魅力的です。

Windows10 Home DSP版はパッケージ版より2,000円(Amazon)ほど安く、Windows10 Pro DSP版はパッケージ版より5,000円(Amazon)ほど安いのですが、使用条件は限定されます。

例えば、ハードディスクとWindows10 DSP版を同時購入し、その後、そのハードディスクが壊れてしまった場合。

新たにハードディスクを購入し、Windows10 DSP版をインストールしたくても、このDSP版はライセンス違反のため使えません。

パーツとセットになったライセンスなので、DSP版と同時に購入したパーツが組み込まれていないパソコンではライセンス違反で使えないのです。

もちろんパソコンを新たに購入した場合、新しいパソコンを自作した場合でもDSP版は使えないので注意してください。(DSP版と同時に購入したパーツを流用すれば使えます)

DSP版は使用制限のあるライセンスなので、その分値段が安いのです。

パッケージ版との価格差

Windows10のDSP版とパッケージ版の価格差は、Home 2,000円、Pro 5,000円の差です。この価格差は時期によってコロコロ変わりますが、全く差がない時期もあります。

使いやすさを考えると、パッケージ版を買うことをオススメします!

DSP版を買ったけれどそのパーツが壊れてしまって、またWindows 10を買いなおす羽目になることだけは避けたいところです。

OEM版

OEM版(Original Equipment Manufacturer)はパソコンに最初からインストールされているライセンスです。

メーカー製パソコンを購入すると最初からWindows10がインストールされて、使える状態になっています。これがOEM版です。

価格

OEM版はパソコンの価格に含まれているので、別途お金を払う必要はありません。

OEM版の正確な価格は不明です。マイクロソフトとパソコンメーカーとの取り決めで決まっているのだと思われます。

Windows10 OEM版の価格はパッケージ版・DSP版と比べてもっとも安いとされています。

それは購入したメーカー製パソコンでしか使えない限定されたWindowsだからというのと、パソコンメーカーが大量にWindowsを買ってくれるので割引されているのだと推測します。

特徴

OEM版の特徴は価格が安いということ。最初からWindowsがインストールされているのでインストール不要ということです。

OEM版はWindows10のメディアはなく、メーカーオリジナルのリカバリDVDや、リカバリ領域で提供されます。

初心者はOEM版でいいのですが、そうでない人はちょっと使いづらいかもしれません。

パッケージ版・DSP版・OEM版のまとめ

これまで、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いをみてきました。最後にまとめます。

  • パッケージ版はやや高い
  • パッケージ版はパソコンを変えても使用できる
  • DSP版はやや安いが、PCパーツと同時でないと買えない
  • DSP版は同時購入したパーツが組み込まれたPCでしか使えない
  • DSP版はパソコンを変えたら使えない(同時購入したパーツが組み込まれて入ればOK)
  • OEM版は最も安いが、購入したパソコンでしか使えない
  • OEM版はパソコンを変えたら使えない

Windows10ではパッケージ版とDSP版に以前ほどの価格差がなく、使い勝手を考えると、パッケージ版を買うことをオススメします!

以上、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いと価格を比較してみました。

コメント

  1. さけ より:

    DSPがよくわかりました windows しらべろとムチャぶりされたので ありがとうござあいました

  2. なのしさん より:

    DSP版は購入したパーツと一緒でなくても使えますよ。
    PCの構成が変わった時に電話認証が必要なだけです。
    この手間をどうとらえるかで、パッケージ版を買うかどうかの判断ができます。
    販売はもちろんパーツと一緒になっていますがマイクロソフトはどのパーツが紐づけられているかは判断出来ません。出来たら恐ろしい監視社会です。
    それにパーツは壊れることがありますから、すぐに買ったパーツが壊れてwindowsまで使えなくなってしまったら大損害です。

    • 鎖の人 より:

      遅くなり申し訳ございません。
      「使えない」というのは「ライセンス違反」という意味で記載しておりました。
      記事に追加しました。ご指摘ありがとうございます!

      >>それにパーツは壊れることがありますから、すぐに買ったパーツが壊れてwindowsまで使えなくなってしまったら大損害です。
      物理的に使える・使えない以前にライセンス違反です。
      まさにこの例がDSP版のデメリットなのですが・・