Windows10 パッケージ版・DSP版・OEM版の違いと値段

Windows10にはパッケージ版・DSP版・OEM版があります。

  • パッケージ版
  • DSP版
  • OEM版

全て中身は同じWindows10ですが、パッケージ版・DSP版・OEM版の違いとは何でしょうか?どれを買うのが値段的にお得なのでしょうか?

今回は、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いと値段を比較します!

パッケージ版

Windows10でもっとも一般的なのがパッケージ版です。パッケージにUSBメモリが入ったWindowsです。

価格

Windows10 パッケージ版の値段は下記のとおりです。(2018年4月現在 価格.com最安値)

  • Windows10 Home・・・14,664円
  • Windows10 Pro・・・21,183円

HomeとProでは5,000円ほど価格差がありますね。

特徴

パッケージ版はお店やインターネットで買えます。購入するとWindows10のUSBメモリとプロダクトキーがもらえます。

どのパソコンにインストールして使ってもいいのがパッケージ版の特徴です。

Windows10の中でパッケージ版はDSP版・OEM版より値段は高いですが、パソコンが限定されず自由に使えるのがメリットです。

DSP版

DSP版(Delivery Service Partner)は組み込みパーツとセットになったライセンスです。

特徴

パソコンのパーツを買うときだけ、DSP版を一緒に購入できます。Windows10 DSP版を単体で購入する事はできません。

価格

DSP版の値段は下記のとおりです。(2018年4月現在 価格.com最安値)

  • Windows10 Home・・・12,980円
  • Windows10 Pro・・・18,600円

DSP版は本当にお得か?

パッケージ版より1,700円(Home)ほど安いのが魅力的です。安いですが、使用条件は限定されます。

例えば、ハードディスクとWindows10 DSP版を同時購入し、その後、そのハードディスクが壊れてしまった場合。

新たにハードディスクを購入し、Windows10 DSP版をインストールしたくても、このDSP版は使えません。

パーツとセットになったライセンスなので、DSP版と同時に購入したパーツが組み込まれていないパソコンでは使えないのです。

もちろんパソコンを新たに購入した場合、新しいパソコンを自作した場合でもDSP版は使えないので注意してください。(DSP版と同時に購入したパーツを流用すれば使えます)

DSP版は使用制限のあるライセンスなので、その分値段が安いのです。

パッケージ版との価格差はほとんどない

Windows10ではDSP版とパッケージ版の価格差は1,700円の差(Home)なので、使いやすさを考えるとパッケージ版を買うことをオススメします。

DSP版を買ったけれどそのパーツが壊れてしまって、またWindows 10を買いなおす羽目になることだけは避けたいところです。

OEM版

OEM版(Original Equipment Manufacturer)はパソコンに最初からインストールされているライセンスです。

メーカー製パソコンを購入すると最初からWindows10がインストールされて、使える状態になっています。これがOEM版です。

価格

OEM版はパソコンの価格に含まれているので、別途お金を払う必要はありません。

OEM版の正確な価格は不明です。マイクロソフトとパソコンメーカーとの取り決めで決まっているのだと思われます。

Windows10 OEM版の価格はパッケージ版・DSP版と比べてもっとも安いとされています。

それは購入したメーカー製パソコンでしか使えない限定されたWindowsだからというのと、パソコンメーカーが大量にWindowsを買ってくれるので割引されているのだと推測します。

特徴

OEM版の特徴は価格が安いということ。最初からWindowsがインストールされているのでインストール不要ということです。

OEM版はWindows10のメディアはなく、メーカーオリジナルのリカバリDVDや、リカバリ領域で提供されます。

初心者はOEM版でいいのですが、そうでない人はちょっと使いづらいかもしれません。

パッケージ版・DSP版・OEM版のまとめ

これまで、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いをみてきました。最後にまとめます。

  • パッケージ版はやや高い
  • パッケージ版はパソコンを変えても使用できる
  • DSP版はやや安いが、PCパーツと同時でないと買えない
  • DSP版は同時購入したパーツが組み込まれたPCでしか使えない
  • DSP版はパソコンを変えたら使えない(同時購入したパーツが組み込まれて入ればOK)
  • OEM版は最も安いが、購入したパソコンでしか使えない
  • OEM版はパソコンを変えたら使えない

以上、Windows10のパッケージ版・DSP版・OEM版の違いと値段を比較してみました。

コメント