Windows10に対応したOfficeのバージョン(2007・2010・2013は使える?)

スポンサーリンク

Windows10ではどのOfficeが使えるのでしょか?

古いOffice(Office2007・Office2010・Office2013)はWindows10に対応しているのでしょうか?

今回は、Windows10で使えるOfficeのバージョンを紹介します!

Windows10で使えるOfficeのバージョン

Windows10に対応したOffice

それではさっそく、Windows10で使えるOfficeのバージョンを見ていきましょう!

● Windows10対応Officeのバージョン

  • Office 365
  • Office 2019
  • Office 2016
  • Office 2013
  • Office 2010

Windows10に対応しているのは、Office2010以降のOfficeです。最新のOffice2019、Office365はもちろんのこと、Office2010、Office2013、Office2016にも対応しています。

Office2010・Office2013はWindows10登場以前のOfficeですが、正式にWindows10に対応しています。

Office2007は対応していない?

Windows10に対応しているのがOffice2010以降ということは、Office2007は対応していないということです。

ただし、

Windows10でOffice2007は使えます!

ちょっとややこしいのですが、使えることは使えるということです。

Office2007はマイクロソフトのサポート切れとなっているため、正式にはWindows10での動作保証をしていませんが、インストールもできるし、WordやExcelを使うことができます。使うことはできますが、サポート切れのため何が起きるかはわかりません。「自己責任で」ってことですね。

というわけで、Windows10で使えるのはOffice2010以降ということでした。Office2007は使えることは使えるけれど、サポート切れのため自己責任で使う形になります。

MicrosoftサポートWindows 10 で動作する Office のバージョン

以上、Windows10で使えるOfficeのバージョンでした。

コメント